病院紹介

こんにちは。

本日はとても天気が良く、過ごしやすい日になりそうですね。

 

 

今回は症状別に考えられる代表的な病気や病態を挙げてみたいと思います。

 

動物の場合、人間の言葉をしゃべってくれる訳ではありません。

 

「寒くて震えているのかな」と思ったら実は「痛みによる震え」だったり、

「足を痛がっている」ように見えて実は「神経の異常」だったり、

同じような症状でも原因が違っていることがあります。

 

つまり症状の評価には時に主観的な判断が含まれますので、

必ずしもすべてが以下に当てはまるわけではありません。

 

日頃診察をするなかで、比較的遭遇することが多いものを挙げてみます。

 

例えば

 

「風邪をひいたみたい」であれば

・くしゃみ鼻水・・・鼻炎、歯周病

熱がある・・・感染症、熱中症、自己免疫疾患

咳をしている・・・気管支炎、気管虚脱、肺炎、心臓病、フィラリア症

 

などが考えられます。

 

以下、ほかに思いつくものを挙げてみます。

 

 

「お腹の調子が悪そう」

嘔吐・・・胃炎、腸閉塞、消化管内異物、腎臓病、中毒

下痢・・・誤食、ストレス、寄生虫、食物アレルギー

・お腹ぎゅるぎゅる鳴ってる・・・胃腸炎

 

「どこか痛そう」

足をあげている・・・関節炎、脱臼、骨折、神経病

キャンキャン鳴いてる・・・椎間板ヘルニア、強い痛み、痙攣発作

激しい震え・・・痙攣発作、痛み

 

「皮膚が悪そう」

・掻く舐める・・・膿皮症、食物アレルギー、アトピー、ストレス

・脱毛や発疹・・・寄生虫、糸状菌症、副腎皮質機能亢進症、甲状腺機能低下症

・体が臭う・・・脂漏症、マラセチア皮膚炎、外耳炎、歯周病

 

「おしっこトラブル?」

頻尿や血尿・・・膀胱炎、膀胱結石、尿道閉塞、前立腺炎

陰部や肛門を舐める・・・子宮蓄膿症、肛門嚢炎、肛門周囲腫瘍、尿道閉塞

 

「痩せてきた」

・食欲はあるのに・・・甲状腺機能亢進症、癌、糖尿病、慢性心臓病、低蛋白血症

食欲不振・・・歯周病、口腔内腫瘍、慢性腎臓病・肝臓病、慢性鼻炎

 

「呼吸がくるしそう」

激しくハァハァ・・・熱中症、過剰興奮、痛み

舌が青白いぐったり・・・心臓病、肺炎、急性貧血

 

「元気がない」

急にグッタリして動けない・・・心臓病、急性貧血、急性腹症

・あまり動きたがらない・・・炎症性疾患、痛み、内臓疾患

 

 

いかがでしょうか。

 

普段の診療で良く出会う症状をピックアップしてみました。

 

他にも何か食べてしまった怪我をして出血しているなどもありますが、

これらは分かりやすいので原因をさらに追究する必要はないでしょう。

 

特にで記した症状緊急性が高いものです。

 

私が勤務している夜間救急病院では当然ながら赤の症状がほとんどです。

 

すべての病気を挙げているわけでは無いですし、当てはまらない場合もあるでしょう。

 

いつもお伝えしていますように、様子を見すぎて手遅れになることが一番つらいです。

 

状態の変化に気づいたら早めにご相談ください。

 

写真は我が家の猫たちです。 以上です。          佐藤

 

2022年2月26日更新