病院紹介

ここ数日は寒暖差が激しく体調を崩しやすい日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

先日関東圏は季節外れの暖かさで、埼玉県でも日中の気温が18℃を超えた地域もあったようです。

暖かくなってくるとノミやマダニの寄生が心配になってきますね。

 

今回はノミマダニのお話です。

 

ノミやマダニの被害は暑い季節だけと思われる方も多いと思いますが、実はそうではありません。

春が近づき暖かくなってくると、犬猫だけでなくノミやマダニもよく動き回るようになります。

ノミは一般的に13℃を上回ると活動が活発になるとされています。

そう、室内はいつでも13℃以上の適温。そのため室内であればノミは1年中元気に活動できてしまうんです。

一方マダニは意外と寒さに強く、真冬でも一部の種類は元気に活動しています。

やぶや草むらなどで生息するマダニは、ペットの散歩のときに寄生する機会を狙っています。

都会の公園や河原などもマダニの生息地帯。少しでも緑が多い場所に近づくときには、マダニに注意してください。

 

じゃあ、うちの子は外に行かないから大丈夫ね。

 

いいえ、そんなことは無いんです。

ノミやマダニは、人の出入りの際に洋服や靴、他の同居動物、ベランダ、窓や網戸などからも侵入します。

特にご家族が外で他の動物と接する機会がある場合は、洋服や靴についてノミやマダニ持ち込んでしまうケースがあります。

また、他の同居動物や隣のベランダや網戸越しに侵入するケースもあります。

 

ノミやマダニは皮膚に寄生し皮膚炎や痒みの原因になるだけではありません。

ときに人においても命にかかわる重大な病気を起こすベクター(運び屋)となってしまいます。

 

 

ノミ・マダニが原因となる人の病気

 

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)

2013年に日本でも初めて死亡例が報告された、ウィルスによる感染症。

マダニがウィルスを媒介している可能性があり、注意が呼びかけられています。

 

日本紅斑熱

日本紅斑熱リケッチアの感染によって引き起こされます。

1984年に徳島で発見されて以来、日本の関東以西の地域で確認され、死亡例の報告もあります。

 

ライム病

マダニからペットや人にも感染。

人に感染した場合、皮膚症状、神経症状、関節炎などがみられます。

 

ノミ刺咬症

ノミに刺されることで起こる皮膚炎。

患部をかくことで、細菌感染し重い症状になることもあります。

 

猫ひっかき病

ノミを媒介にバルトネラ属菌に感染した猫に引っかかれたり咬まれたりすることでうつります。

リンパ節が腫れて発熱や頭痛を引き起こすことがあります。

 

ノミ・マダニが原因となる犬・猫の病気

 

犬バベシア症

バベシア原虫が犬の赤血球に寄生して破壊。重度な貧血、発熱、食欲不振、黄疸などがみられ、

急性の場合は死に至ることもあります。

 

ノミアレルギー性皮膚炎

激しいかゆみや湿疹、脱毛などが主な症状です。

わずかなノミの寄生でも皮膚炎に悩まされます。

 

瓜実条虫(サナダムシ)

条虫の卵を宿したノミを、犬や猫が毛づくろいなどで食べてしまうことで寄生します。

下痢や嘔吐の原因となります。サナダムシは体長50cm以上になることもあります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

1年中暖かい室内では、一度家の中に入ってしまうとライフサイクルを断ち切るのが難しくなります。

目に見えているノミは、実はたったの5%。あとの95%は卵、幼虫、さなぎの状態で周囲に隠れています。

これらの未成熟期のノミを根絶するためには、定期的なノミ予防でノミのライフサイクルを断ち切ることが必要です。

また、ノミを駆除した後に新たに侵入してくるノミに備えるためにも、定期的なノミの予防をすることが大切です。

 

当院では従来の♠垂らすタイプ(スポット剤)のほかに、♥食べるタイプ(チュアブル錠)のノミマダニ予防薬を扱っております。

また、ノミマダニだけでなく、おなかの寄生虫やフィラリア症の駆虫まで一緒にできる、♣オールインワンタイプのお薬をおすすめしております。

室内飼育であっても、一年を通してノミ・マダニの予防対策をしてあげてください。

 

 

 

2019年2月25日更新