病院紹介

先日、10月21日の日曜日、越谷で行われた埼玉県獣医師会主催の勉強会に参加してきました。

お題は 「犬の蛋白漏出性腸症(PLE)」でした。

名前も難しいですが、病態もとても複雑な病気です。

 

下痢や体重減少などがよく認められる症状ですが、その程度は症例によって異なります。

”ただの下痢”と思っていたら実はPLEだったということも少なくありません。

また、その原因がリンパ腫など難治性の病気のこともあります。

 

たかが下痢、されど下痢。

わかったときには手遅れ、では困りますね。

何事も我慢して様子を見すぎることが無いようにしましょう。

 

最近は朝晩の冷え込みも強くなってきました。

体調を崩さないように注意しましょう。

私も気をつけますm(__)m

佐藤

 

 

2018年10月23日更新